広告

2014年07月25日

水晶体

@老人性皮質性白内障は(A)、(B)、(C)、(D)の4期に分けられる。また、緑内障は(E)の時に発症しやすい。これは、水晶体の混濁がひどくなり、(F)が吸水膨張し、水晶体の(G)が増加する。これにより、(H)が薄くなるので、(I)緑内障が発生しやすい。

(A)初発期(B)腫脹期(C)成熟期(D)過熟期(E) 腫脹期(F)皮質(G)体積(H)前房(I)閉塞隅角

A老人性皮質性白内障の臨床症状は(A)、(B)、(C)である。

(A)視力低下(B)羞明(C)水晶体混濁


posted by 眼科のポイントまとめ at 20:17| 水晶体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外眼筋

@(A)とは、両目で同時に目標を見ることができない状態。(B)の方向がずれるために、片方の眼は目標を捕らえるが、もう片方の眼は目標から離れる。(A)には両目のなす角度が一定の(C)と一定でない(D)がある。

(A)斜視(B)視軸(C)共同性斜視(D)麻痺性斜視(非共同性斜視)
posted by 眼科のポイントまとめ at 20:16| 外眼筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶどう膜

@眼球壁の中層は(A)で(A)は(B)、(C)、(D)からなる。

(A)ぶどう膜(B)虹彩(C)毛様体(D)脈絡膜

Aぶどう膜炎は炎症の部位により、(A)、(B)、(C)、(D)に分けられる。

(A)前部ぶどう膜炎(B)中間部ぶどう膜炎(C)後部ぶどう膜炎(D)汎ぶどう膜炎

B前部ぶどう膜炎の所見には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)がある。

(A) 毛様充血(B) 角膜後面沈着物(C) 前房フレア(D)前房蓄膿(前房内細胞)(E)虹彩後癒着→急性緑内障 (虹彩に見られる病像)(F) 瞳孔に見られる病像(G) 硝子体混濁

C前部ぶどう膜炎の合併症には(A)、(B)、(C)がある。

(A)急性白内障(B)続発性緑内障(C)眼圧低下

D交感性眼炎とは、片目に(A)外傷を受け(B)が続いている時、両眼に(C)に似た(D)を生じることを言う。受傷眼を(E)、反対の眼を(F)と言う。

(A)穿孔(B)外傷性ぶどう膜炎(C)原田病(D)ぶどう膜炎(E) 起交感眼(F) 被交感眼

Eベーチェット病の特徴は(A)、(B)、(C)、(D)である。ぶどう膜に発生する悪性腫瘍に(E)がある。

(A)無菌性前房蓄膿(B)手足の紅斑(C)口腔内アフタ(D)外陰部潰瘍(E)脈絡膜悪性黒色腫
posted by 眼科のポイントまとめ at 20:15| ぶどう膜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。