広告

2014年07月25日

外傷

@眼の化学的外傷の処置の原則は、接触源をさけ、大量の水で長時間、洗うことである。感染をさけるために、(A)点眼、治癒の促進のために(B)、その他に(C)(D)なども用いる。

(A)抗生物質(B)ビタミンC(C)アトロピン(D)副腎皮質ステロイド

A結膜充血では、充血は(A)で生じている。色は(B)である。指で結膜を動かした時、充血した血管は移動(C)。ノルアドレナリンで充血は(D)。毛様充血(睫状充血)の場合、充血は(E)で生じている。色は(F)である。指で結膜を動かした時、充血した血管は移動(G)。ノルアドレナリンで充血は(H)。

(A)表面の結膜血管(B)鮮紅色(C)する(D)消失する(E)角膜縁深部の血管網(F)赤紫(深紅色)(G)しない(H)しない
posted by 眼科のポイントまとめ at 20:29| 外傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。