広告

2014年07月25日

視神経

@視神経とは(A)から(B)までである。

(A)双極細胞(B)外側膝状体

A視神経の炎症障害を(A)と言い、(A)は(B)より末梢側か中枢側かの炎症に分けられる。末梢側の炎症を(C)と言い、乳頭浮腫は(D)。中枢側の炎症を(E)と言い、乳頭浮腫は(F)。

(A)視神経炎(B)篩板(C)視神経乳頭炎(D)ある(E)球後視神経炎(F)ない
B視神経炎の病因は(A)、(B)、(C)である。臨床所見は(D)、(E)、(F)があり。(視神経乳頭炎の場合はさらに(G)も生じる。)眼底検査では(H)、(I)が見られる。

(A)炎症性脱髄疾患(B)感染症(C)自己免疫疾患(D)視力の急激低下(E)眼痛(F)盲中心暗点(盲点と中心暗点の融合)(G)乳頭浮腫(H)網膜静脈怒張(I)視神経乳頭の蒼白

C視神経炎の治療は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。

(A) 病因の治療(B) 糖皮質ホルモン(C) 血管拡張剤(D) 維持療法(E) 抗感染治療

Dうっ血乳頭(视乳头水肿 、視神経円板浮腫)の原因は(A)である。

(A)頭蓋内圧亢進
posted by 眼科のポイントまとめ at 20:26| 視神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。