広告

2014年07月25日

緑内障

@緑内障は視神経の変化と視野異常を生じる進行性の疾患で、(A)が緑内障の原因とされる。緑内障のの主要な症状は(B)などである。

(A)視神経乳頭の脆弱性(B)視野欠損、縮小、失明

A緑内障は(A)側の視野から欠損する。緑内障には(B)の内皮細胞の変性による原発(C)と、(D)が狭く抵抗が増大することにより発生する原発(E)に分けられる。急性緑内障発作(急性大発作)が起こるのは(F)である。また(E)では瞳孔は(G)する。

(A)鼻(B)Schlemm管(C)開放隅角緑内障(D)隅角(E)閉塞隅角緑内障(F) 閉塞隅角緑内障(G)拡大

B急性原発性閉塞隅角緑内障は房水排出部である(A)が比較的短時間にふさがり、房水の(B)が急激に低下することにより、(C)が急激に上昇することで生じる。

(A)隅角(B)排出能(C)眼圧

C閉塞隅角緑内障の急性緑内障発作(急性大発作)の臨床症状には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)がある。細隙灯顕微鏡検査では(F)、(G)、(H)、(I)、(J)などが視られる。

(A)頭痛(B)吐気(C)嘔吐(D)眼痛(E)視力低下(F) 結膜充血(G) 角膜浮腫(H) 房水混濁(I)散瞳(J) 水晶体前囊混濁
(参考)急性发作期:表现为剧烈头痛、眼痛、畏光、流泪,视力严重减退,常降到数指或手动,可伴有恶心、呕吐等全身症状。体征有眼睑水肿,混合性充血,角膜上皮水肿,裂隙灯下上皮呈小水珠状,角膜后色素沉着,前房极浅,周边前房几乎完全消失。
急性原発閉塞隅角緑内障

D急性原発閉塞隅角緑内障と虹彩毛様体炎との鉴别は?
急性緑内障 急性虹彩毛様体炎
KP(実質性角膜炎) 色素KP 灰白色KP
前房深度 浅 正常
瞳孔 中等度散大 縮瞳
隅角 閉塞 開放
緑内障性の水晶体前囊混濁 + −
もう一方の目 浅前房,狭隅角 正常
治療 縮瞳薬 散瞳薬

E緑内障の治療薬は房水に関連しては、(A)する薬と(B)する薬に分けられる。(A)には(C)、(D)、(E)がある。(B)には(F)、(G)、(H)がある。硝子体容積を減少させる(I)もある。

(A)房水産生抑制(B)房水排出促進(C) β受容体遮断薬 (チモロール、timolol。カルテオロール、carteolol。レボブノロール、levobunolol。ベタキソロール、betaxolol)(D) 交感神経刺激薬(β2受容体刺激薬のエピネフリン→正確にはPG産生↑ から 眼房水の排出↑、α2受容体刺激薬 のアプラクロニジン)(E) 炭酸脱水酵素阻害薬(毛様体上皮の炭酸脱水酵素を抑制し眼房水産生を減少、アセタゾラミドやドルゾラミド)(F) 副交感神経刺激薬(ピロカルピン)(G) プロスタグランジン関連薬(ラタノプロスト)(H) 交感神経刺激薬(エピネフリン)(I) 高張浸透圧薬(マンニトールなど)


posted by 眼科のポイントまとめ at 20:24| 緑内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。