広告

2014年07月25日

水晶体

@老人性皮質性白内障は(A)、(B)、(C)、(D)の4期に分けられる。また、緑内障は(E)の時に発症しやすい。これは、水晶体の混濁がひどくなり、(F)が吸水膨張し、水晶体の(G)が増加する。これにより、(H)が薄くなるので、(I)緑内障が発生しやすい。

(A)初発期(B)腫脹期(C)成熟期(D)過熟期(E) 腫脹期(F)皮質(G)体積(H)前房(I)閉塞隅角

A老人性皮質性白内障の臨床症状は(A)、(B)、(C)である。

(A)視力低下(B)羞明(C)水晶体混濁


posted by 眼科のポイントまとめ at 20:17| 水晶体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。