広告

2014年07月25日

角膜

@角膜炎の症状には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)である。徴候には(G)、(H)、(I)がある。

(A)眼痛(B) 羞明(C) 流涙(D) 眼瞼痙攣(E) 眼部分泌物(F) 視力低下(G) 網状充血(H) 角膜浸潤混濁(I) 角膜潰瘍形成

A単純ヘルペス性角膜炎は(A)が引き起こす角膜炎で、(A)は感染した(B)神经の支配する体表に潜伏し、体の抵抗力が低下した時に、神经節内のウィルスが再活性し,反復感染を引き起こすものである。角膜では(C)を起こす。

(A) HSV-1(B)三叉(C) 樹枝状或いは地図状角膜炎
cf.臨床症状に、@樹枝状或いは地図状角膜炎:異物感、羞明、流涙、視物のぼやけ,角膜樹枝状或いは地図状浸潤A角膜基質炎:角膜中央基質の盤状浮腫、角膜上皮浮腫、KP(実質性角膜炎)などがある。


posted by 眼科のポイントまとめ at 20:12| 角膜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。