広告

2014年07月25日

その他

@近視の併発症に(A)、(B)、(C)、(D)があり、近視の治療は(E)、(F)、(G)、(H)である。

(A)硝子体異常(B)網膜剥離(C)緑内障(D)白内障(E)普通眼鏡(F)コンタクトレンズ(G)屈光手術(H)併発症の治療

A弱視は(A)、(B)、(C)、(D)に分類される。

(A)斜視性弱視(B) 不同視性弱視(屈光参差性斜视)(C) 屈折異常性弱視(屈光不正性弱视)(D) 形態覚遮断弱視または視性刺激遮断弱視(形觉剥夺性弱视)

B外傷ではないのに、突発的な視力低下を来たす疾患に(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)などがある。

(A)閉塞隅角緑内障(B)角膜炎(C)網膜剥離(D)網膜中心動脈閉塞症(E)網膜静脈閉塞症(F)脳卒中(G)視神経炎
posted by 眼科のポイントまとめ at 20:32| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。